スカーフのリゾート向けアレンジ

スカーフのリゾート向けアレンジ
リゾート地ではファッションもいつもより大胆にキメたいもの。ここでは、大判のスカーフを2枚使ってゴージャス感を演出してみましょう。海辺のリゾート地ならショートパンツと組みあわせてもいいですし、ロングスカートとコーディネートすればエレガントに。スカーフの柄や色合いによって、イメージはぐっと変わります。

1 90cm×90cmのスカーフを2枚用意。それぞれ三角になるように半分に折り、写真のように2枚を結ぶ。

2 1の結び目が首の後ろになるようにスカーフをはおり、2枚のスカーフを前で交差させる。さらに左右のスカーフの1つの角だけを(←の部分)後ろに持っていく。

3 背中に持っていった左右のスカーフの角同士を背中で結ぶ。この時、腰のあたりでなく、やや背中の高めの位置で結ぶのがポイント。

4 3で背中の方に移動しなかった残りの部分のスカーフをおへその位置あたりで軽く結んで完成。

いつものファッションにさりげなく彩りを添えてみたい時、おすすめしたいのがシルクバンド。
ウェアと同柄のシルクバンドをバッグにあしらってもいいし、ブレスレット代わりにすればミセスの個性とセンスが光ります。この秋、TPOに合わせてさまざまなアレンジを楽しんでみてはいかがでしょう。

スカーフのカジュアルアレンジ

スカーフのカジュアルアレンジ
ファッションに個性と彩りを添えるスカーフ。でも、結び方やコーディネートがワンパターンになってしまい、結局、クローゼットの奥に眠ったままという方もいるのでは?そこで誰もがカンタンに結べて、かつ個性的に見えるアレンジ方法を2回にわたってご紹介。1回目はカジュアルな装いに似合うアレンジ、そして2回目は学校行事や食事会などの場にふさわしいアレンジをお届けします。

旅先や自宅でカジュアルファッションを楽しみたい時、おすすめのアレンジ。なんとスカーフ1枚でインナーにもなるトップスができあがります。一見、ドレープ使いがとても複雑そうに見えますが、実はとってもカンタン!わずか3工程で素敵なトップスの完成です。ジャケットやカーディガンの組合せでフォーマルシーンでも活躍できるのも魅力です。

素肌を見せるのに抵抗がある人は、ジャケットや薄手のカーディガンを上にはおるだけで見事にイメチェン。このスカーフアレンジを知っておくとコーディネート次第でさまざまなシーンで活用できます。

1 90cm×90cmのスカーフを1枚用意。スカーフを裏返し真ん中の部分をつまんで結ぶ。

2 スカーフの1辺の両角を首の後ろに持っていき、ここで結ぶ。

3 2と同じようにもう1辺の両角をウエストの後ろに持っていき、ここで結ぶ。

セレブ ファッション

台風6号
台風6号 台風6号パブークさんは発生次第、簡単にアンドレウスに倒されましたね!これで、なんと、アンドレウスが日本にいている間に発生した59台風の中で、みれたのは:ゼロ!!!!! 過去の記録を古いホームページに載せましたので、よろしければ、 ...(続きを読む)


南国食堂
夏だけの食堂じゃないのがいい。日本も温暖化で南国にならなければいいのですが。半袖ものしか売れなくなるのはヤバイかも。(Fashion-J.com)(続きを読む)



通販限定 お試し価格 安カワアクセがイッパイ入ったファッション福袋
商品価格:1,050円
レビュー平均:4.43
全10色!国産品★ダイエットやヨガポーズファッションチェックに省スペース姿見【0711「涼」な寝具&インテリア 特集掲載店舗】【3★0803】【natsu0806×2】【送料無料】56%OFF安心の国産!収納できる薄型スタンドミラー★
商品価格:2,992円
レビュー平均:4.55
■【送料無料】 CROCS(クロックス)に女性らしさ、ファッション性をプラスした Mary Jane メリージェーン
商品価格:3,990円
レビュー平均:4.94

8/6 英国で人気急上昇の「クロックス」、今年の夏の必須ファッション・アイテムに
ジャーニー
機能的な上に鮮やかな色揃えなどで知られるプラスチック製の靴「クロックス(Crocs)」=写真=が、英国内で好調な売れ行きを見せており、ファッションの専門家には毛嫌いされている一方で、今年の夏の必須ファッション・アイテムとなっている様子を「デイリー・ ...(続きを読む)


建築とファッションの近似性探る 国立新美術館
朝日新聞
80年代以降の建築とファッションの近似性を検証した展覧会「スキン・アンド・ボーンズ〜1980年代以降の建築とファッション」が8月13日まで、東京・六本木の国立新美術館で開かれている。 21カ国のファッションデザイナーや建築家約40組の作品、模型、写真、 ...(続きを読む)



ポケットチーフ

ポケットチーフが人気になっていますね。
ハンカチ王子の影響でしょうか。

ポケットチーフ 「夏場のおしゃれ」欠かせぬアイテム

ポケットチーフの売れ行きが好調だ。クールビズの浸透で夏場に肩身が狭くなったネクタイに代わり、百貨店の紳士服関連のアイテムとして存在感を増している。東京・日本橋の高島屋東京店では、6月の販売が前年比25%増。「ネクタイを外すことが浸透したので、今後はつけるものの見直しが進みそう」(同社)と期待する。

 売れ筋は3000円から4000円が中心。かつてポケットチーフといえば披露宴向けの白が主流だったが、いまは素材、色、柄とも多彩。「今年に入ってメッシュ調のものもそろい、食事やビジネスなど利用場面に応じて選ばれていく」(同店の後藤雄一主任)という。

 ポケットチーフの主な折り方は、披露宴にあう『スリーピーク』など5種類。「折り方を変えるだけで手軽におしゃれに挑戦できる」と後藤主任。今のところ、購買層の中心は50〜60代だが、男性の夏場のおしゃれに、欠かせないアイテムになるかもしれない。

ビーバースカウト

ビーバースカウトのネッカチーフ
教育規定には「うす水色または隊で統一して定めた色の三角形あるいは正方形の布」と定められているが、ビーバー隊の隊旗が「うす水色」に統一されているので、多くの団で日本連盟需品部の「ビーバーネッカチーフ」が用いられている。

ビーバースカウトのチーフは、ビーバーのヒゲに見立てて、胸の前で交差させ、交差したところをチーフリングで縦に留める。これは、チーフリングの脱落を防止するため効果をねらったものである。なお、ビーバー隊の指導者は、カブスカウト以上と同じように、チーフの両端をそろえてチーフリングに通し、チーフリングを胸の前に引き上げて留める。

カブスカウトのネッカチーフ
教育規定には「黄色または隊で統一して定めた色の三角形あるいは正方形の布」と定められていが、カブ隊の隊旗が「黄色」に統一されているので、日本連盟需品部の「カブネッカチーフ」を用いる団も多い。

ボーイスカウト以上のネッカチーフ
教育規定には「隊で統一して定めた色の三角形あるいは正方形の布」と定められている。

ギルウェル・スカーフ
ギルウェル・スカーフとは、1919年に、W・F・マクラーレンが、指導者訓練の場としてギルウェル・パークを英国ボーイスカウト連盟に寄贈したことに感謝するため、マクラーレン家のキルトの紋様をつけて作られ、現在も継承されているネッカチーフである。

隊指導者の上級訓練を行うウッドバッジ実修所を修了した指導者は、ギルウェル・スカーフを着用することができる。(ただし、自隊と行動をともにするときは着用できない。)

ガールスカウトのネッカチーフ
ガールスカウトの制服はボーイスカウトとは違い教育規定で連盟需品部のものに統一されており、ネッカチーフも部門によってラインの色が違うだけで、デザインは全国共通である。

チーフリング
教育規定にはチーフリングに関する規定はなく、制服の中で、唯一、個性を出せる場所である。そのため、装飾や記念品としての価値もあり、ジャンボリーやさまざまな行事に合わせて、特殊なデザインのものも作られている。また、個人の趣味・余技として自作されることも多く、ジャンボリーなどで他のスカウトと友情の印として交換されることもある。

日本連盟需品部で販売されているものは金属製や皮製であるが、チーフリングの作成に用いられる材料は、木材、皮革、牛などの動物の骨、細紐、ビニールやプラスチック、中には陶器製の物まであり、多種多様である。なお、チーフリングはその形状・材質によって外れやすいものもあるため、脱落防止に紐を付けたり、脱落しにくい小さなリングをもう一つ付ける場合もある。

ネッカチーフ

ネッカチーフ(Neckerchief)は、保温や防塵、装飾のために首の回りに巻く、薄く柔らかくて四角い布のこと。 スカーフ(Scarf)とほぼ同じ意味。 「首」を意味するネックと、「女性が頭を覆う四角い布」を意味するカーチーフの合成語である。

本項では、ボーイスカウトやガールスカウトの制服の一部となっているネッカチーフ(この場合、単にチーフと呼ばれることもある)について述べる。

ボーイスカウトのネッカチーフ
ネッカチーフは直角二等辺三角形(または正方形)の布で出来ており、着用の際は三角形の長辺(正方形の場合は対角線で二つ折りにして)から頂部に向かって巻き上げて首にかけ、チーフリング(後述)と呼ばれる留め具を用いて胸の前(鎖骨の合わせ目辺り)で留める。(チーフリングを使わず、「叶結び」等で直接結ぶこともある)

ボーイスカウト日本連盟需品部で、標準となる制服と共に販売されているものは、直角二等辺三角形で直角を挟む二辺がそれぞれ75cm(カブスカウト用は65cm、ビーバースカウト用は50cm)の綿布だが、教育規定上は定められた大きさはない。また、素材も、応急処置用の三角巾や埃よけのマスク、風呂敷など多目的に使用することもできる綿布が選ばれることが多いが、大きさと同じく、教育規定上、特に定められた素材があるわけではない。

ネッカチーフの色や模様はさまざまで、所属する団によって異なり、同じ団でも隊によって異なる場合もあるが、色に関しては「隊で統一して定めた色」(2色以上でも構わない)という教育規定上の定めがあり、基本的には隊旗と共通の色が用いられる。また、ジャンボリーなどの特別なイベント時のみに着用するネッカチーフや、海外派遣時に着用するネッカチーフ、各連盟事務局のネッカチーフなどもあり、それらはすべて視覚的にスカウトの所属を表すものである。逆に言うと、一見してどこの所属かを判別するためのものなので、公式の場では定められたネッカチーフ以外を着用することは認められない。

スローガンである「日日の善行」を忘れないために、ネッカチーフの先端に一つ結び目を作り、何か善行をしたらそれを解くということもよく行われている。創始者ロバート・ベーデン=パウエル卿の肖像写真にもネッカチーフの先端を結んだものが残っている。

ネクタイの日

作り方
フォア・イン・ハンド・タイの主な構成要素は、表地、芯地、裏地からなる。通常は、そのほかに小剣通しという小さな長方形の布を用いる。これらのセットも販売されている。縫うために、穴糸という太い糸も用いる。 構造は、表地を筒状に縫い、両端を剣状にして裏地を張り、芯地を閉じ込めた形になっている。表地も芯地も平織りの生地から正バイアス(45°斜め)に採り、締めたときに伸びるようになっている。 少数生産の場合の表地は、長方形の生地を1つの対角線から少しずらして斜めに2等分してできた片方の台形を用いる。切断した側から順に、斜めに、大剣部、小剣部、中はぎ部を採る。

表地の大剣部、中はぎ部、小剣部をこの順にはぎ合わせて、直線状の表を作る。
芯地も同様に、大剣部、中はぎ部、小剣部をはぎ合わせる。
表の両端を剣の先端状に整形し、裏側に少し折り込んで、角を縫って止め、小さな裏地を付ける。
芯を表でくるみ、端から端まで1本の穴糸で縫い合わせる。
穴糸の両端付近に、別の穴糸で「かんぬき止め」をする。
大剣中央に小剣通しを付ける。

ノーネクタイ運動
関東以南の日本においては、夏の期間中は熱帯以上に暑いこともあるため、ネクタイに背広を着用して働くのは過剰冷房を招き、エネルギー浪費や健康を害するなどマイナス要因が強いとして、ノーネクタイ・ノージャケットで過ごそうという動きがある(公共交通機関には、盛夏期、運転士に脱帽・半袖ワイシャツ姿での乗務を認めている社が多い)。その一環として2005年より小泉内閣の呼びかけでクール・ビズ運動が始まった。しかし、ネクタイ業界からは「ネクタイのイメージダウン、売り上げ減につながる」としてこれに反発する声もある。

ネクタイの日
10月1日。小山梅吉が1884年のこの日に初めてネクタイを生産したことを記念して、日本ネクタイ組合連合会が1971年に制定した。

結び方

ノット
ネクタイの結びを「ノット」(knot)と呼ぶ。

結び目が小さくなるプレーンノットやスモールノットは太いネクタイに、また逆にウィンザーノットは細いネクタイに適しており、また体格によっても似合うノットは変わってくる。儀礼用のノットやくだけた場にふさわしいノットもある。

1990年代後半にケンブリッジ大学のキャヴェンディッシュ研究所の2人の研究員が、数学的にネクタイをモデル化し、85通りのノットが出来ると発表している。

また最近では、結ぶのが苦手な人の為、また制服警察官が相手から危害を加えられる(細い方を引くと締まる)のを防ぐ為に、既に結び目が出来ていて紐やフックでワイシャツに固定するワンタッチタイプ、ホックで止めるタイプもある(輪の部分はなく、引っ張ると外れる)。

主なノット
プレーンノット:別名をフォア・イン・ハンド。この形のネクタイの呼び名から来ているが、ネクタイの結び目からの長さを手4つ分に、とのことでこう呼ぶと説明する者もいる。
シェルビーノット(Shelby Knot,Pratt Knot)
ウィンザーノット:ウィンザー公エドワード8世が流行させたとする風説が今でも根強いが、ウィンザー公自身が回想録「家族のアルバム」でこの説を否定。ボリュームのある結び目ができる。
セミウィンザーノット:ウィンザーノットより少し小さい結び目ができる(結びを一回省く)。ハーフウインザーノット、あるいはエスカイアノット(esquire knot)とも呼ばれる。きれいな逆三角形の結び目となるため人気のあるノットである。

種類
通常のフォア・イン・ハンド・タイの変形
角タイ
カットタイ
ツインタイ
細めのもの
リボンタイ
ループタイ
ナロータイ
太目のもの
ボヘミアンタイ
その他
ボウタイ
ネクタイを掴まれた時、首を絞められるという危険性がある。このため、制服警察官や軍人用向けのネクタイでは結び目は形だけで、首周りは後ろでベルクロによって留める・または襟に金属クリップで引っ掛けるといった様式がとられることが多い。

ネクタイの太さは年代によって異なり、1950〜60年代は細目が、1970年代は太目が流行した。

ネクタイ

一般的にはスカーフは女性が使うもので、ネクタイは男性が使うものと思われています。
スカーフにはそもそもネクタイの意味もありますので、まずはネクタイについてお話をさせていただきます。

ネクタイ(necktie) とは、首の回りに装飾として巻く布のことである。タイ(tie)とも通称され、俗称でスカーフ(scarf)とも呼ばれる。ビジネスマンの服装としてほぼ必須の装飾であり、父の日のプレゼントとしても良く用いられる。発祥の地はクロアチアとされる。なお、英語ではタイ(tie)と呼ぶことが多く、「ネクタイ」は一般的ではない。

歴史
一説によると、2世紀頃のローマ帝国では兵士が防寒を兼ねて羊毛の布を首の回りに巻き、また弁士はフォーカルと呼ばれる布をのどの保護のために巻いていたといわれている。

現在のネクタイの原型は、17世紀、フランスでルイ14世が、クロアチアの兵士がルイ13世を守るために来た際に、首に布を巻いていたことに興味を示し、側近の者に、首に巻いている布を指差し「あれは何だ?」と尋ねたところ、クロアチアの兵士について尋ねられたと勘違いした側近の者が、「クロアチア兵(クラバット)です」と答えた為、クラバット(cravat)と呼ばれた、という説があるが、14世紀にはすでにフランスでcravateという語は使われていたともいわれる。現在でもフランス語などではネクタイをcravateと呼ぶ。またこれから18世紀にかけて、クラバットに限らず首に布を巻くスタイルは兵装としても用いられ、一般に広まった。

この形のクラバットは第一次世界大戦頃までの一般的な男性の正装となる。

19世紀後半に、イギリスでクラバットの結び目のみを残したものが作られた。これが蝶ネクタイである。アスコットタイ、ダービー・タイがアスコット競馬場に集まる際の服装として生まれ、正装になったのもこのころである。

同時期に、現在の主流となるネクタイと同じ形である“フォア・イン・ハンド・タイ”が生まれる。プレーンノット(後述)を別名“フォア・イン・ハンド”(four-in-hand)というのはここから来ている。発祥については諸説あり、本来は4頭立ての馬車の呼称であるため、御者の間でこのネクタイが使われたことから広まったという説や、オスカー・ワイルドがこのネクタイを考案したという説がある。

日本では、ジョン万次郎が米国から帰国した際の所持品にネクタイがあったことから、彼が日本で初めてネクタイをした者であるとされる。維新後の明治政府は洋装を積極的に推進し、官僚を中心にしてネクタイ着用が広まっていった。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。