ポケットチーフ

ポケットチーフが人気になっていますね。
ハンカチ王子の影響でしょうか。

ポケットチーフ 「夏場のおしゃれ」欠かせぬアイテム

ポケットチーフの売れ行きが好調だ。クールビズの浸透で夏場に肩身が狭くなったネクタイに代わり、百貨店の紳士服関連のアイテムとして存在感を増している。東京・日本橋の高島屋東京店では、6月の販売が前年比25%増。「ネクタイを外すことが浸透したので、今後はつけるものの見直しが進みそう」(同社)と期待する。

 売れ筋は3000円から4000円が中心。かつてポケットチーフといえば披露宴向けの白が主流だったが、いまは素材、色、柄とも多彩。「今年に入ってメッシュ調のものもそろい、食事やビジネスなど利用場面に応じて選ばれていく」(同店の後藤雄一主任)という。

 ポケットチーフの主な折り方は、披露宴にあう『スリーピーク』など5種類。「折り方を変えるだけで手軽におしゃれに挑戦できる」と後藤主任。今のところ、購買層の中心は50〜60代だが、男性の夏場のおしゃれに、欠かせないアイテムになるかもしれない。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。