ネクタイ

一般的にはスカーフは女性が使うもので、ネクタイは男性が使うものと思われています。
スカーフにはそもそもネクタイの意味もありますので、まずはネクタイについてお話をさせていただきます。

ネクタイ(necktie) とは、首の回りに装飾として巻く布のことである。タイ(tie)とも通称され、俗称でスカーフ(scarf)とも呼ばれる。ビジネスマンの服装としてほぼ必須の装飾であり、父の日のプレゼントとしても良く用いられる。発祥の地はクロアチアとされる。なお、英語ではタイ(tie)と呼ぶことが多く、「ネクタイ」は一般的ではない。

歴史
一説によると、2世紀頃のローマ帝国では兵士が防寒を兼ねて羊毛の布を首の回りに巻き、また弁士はフォーカルと呼ばれる布をのどの保護のために巻いていたといわれている。

現在のネクタイの原型は、17世紀、フランスでルイ14世が、クロアチアの兵士がルイ13世を守るために来た際に、首に布を巻いていたことに興味を示し、側近の者に、首に巻いている布を指差し「あれは何だ?」と尋ねたところ、クロアチアの兵士について尋ねられたと勘違いした側近の者が、「クロアチア兵(クラバット)です」と答えた為、クラバット(cravat)と呼ばれた、という説があるが、14世紀にはすでにフランスでcravateという語は使われていたともいわれる。現在でもフランス語などではネクタイをcravateと呼ぶ。またこれから18世紀にかけて、クラバットに限らず首に布を巻くスタイルは兵装としても用いられ、一般に広まった。

この形のクラバットは第一次世界大戦頃までの一般的な男性の正装となる。

19世紀後半に、イギリスでクラバットの結び目のみを残したものが作られた。これが蝶ネクタイである。アスコットタイ、ダービー・タイがアスコット競馬場に集まる際の服装として生まれ、正装になったのもこのころである。

同時期に、現在の主流となるネクタイと同じ形である“フォア・イン・ハンド・タイ”が生まれる。プレーンノット(後述)を別名“フォア・イン・ハンド”(four-in-hand)というのはここから来ている。発祥については諸説あり、本来は4頭立ての馬車の呼称であるため、御者の間でこのネクタイが使われたことから広まったという説や、オスカー・ワイルドがこのネクタイを考案したという説がある。

日本では、ジョン万次郎が米国から帰国した際の所持品にネクタイがあったことから、彼が日本で初めてネクタイをした者であるとされる。維新後の明治政府は洋装を積極的に推進し、官僚を中心にしてネクタイ着用が広まっていった。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。